G-DTD11B6TC0

南信州、長野県飯田市の和菓子屋さん
「赤飯饅頭」「りんごパイ」「大福餅」「野菜の砂糖漬け」が人気のお菓子屋さんです。

Concept

 &
 私の紹介

 初めまして、私は「信州飯田の菓房・田月」の4代目主人の城田 茂と申します。田月は大正6年8月26日創業の南信州飯田の老舗和菓子店です。初代城田喜知氏により飯田の花街の入り口で菓子を売り始めました。大正の好景気のなか当時修行先で覚えてきた斬新な和菓子が瞬く間に飯田の花柳界の人々に愛されて行きました。昭和2年には現在本店地にも店舗を構えて時代に答えた和菓子作りをしてきました。その思いは現在4代目当主にも引き継がれています。
 そんな「信州飯田の菓房・田月」では、人々の笑顔と元気つくる事を目標にお菓子作りをしています。悲しい時怒っている時でも、甘いお菓子を食べるとその間だけもホット笑顔になるようなお菓子の製造開発をしています。また笑顔が集まる「お菓子教室」も随時開催しています。
 今田月では、季節ごと変わる創作大福「みんなの大福」がご好評いただいております。旬なフルーツをテーマに季節ごとに4~6種類の大福を作らせて頂いております。お土産におやつに大人気です。
 そしてこちらも毎日全国にお届けしている南信州飯田名物「赤飯饅頭」がご在ます。飯田のソールフードの一つ「赤飯まんじゅう」は、慶事にもお土産にも日々のおやつにもお使いいただけます。飯田の菓子屋では各店で特徴のあるのが赤飯万十です。田月ではすべて作りの食べやすく可愛らしいのが特徴です。是非ご賞味ください。
 そして「丸ごとりんごのパイ包み」も人気です。こだわりは、なんと生食用の林檎(ふじ、サンふじ)をそのまま丸ごと1個をパイに包んだアップルパイです。ずっしりとしたボリュームもさることながら、素材の良さを漫喫できる一品となっています。
 さらに田月ではとても珍しい和菓子を作っています。それは野菜の砂糖漬けです。旬なお野菜を砂糖漬けにしたシンプルなお菓子です。現在日本には数件の菓子店しか作っていないお菓子になりますが、その歴史は古く、江戸時代には大変流行りのお菓子だったそうです。しかし、物流や保存方法の進歩によりだんだんと廃れていきました。田月では初代より製法を守りこの生きた化石の様なお菓子を作り続けています。ドライベジタブルでもない野菜の砂糖漬けは受注生産も承っております。茄子、人参、かぼちゃ、蓮根、さつま芋、などなど多くの野菜を砂糖漬けにしております。ご興味のある方はぜひお問合せ下さいお待ちしております。

今日もお菓子を作ることができて感謝をしております。   
 
ありがとうございます。      店主

  • 子供にも大人気。とってもジューシーな「シャインマスカット大福」!

  • 絶対エースの「いちご大福」南信州産の苺を使ってます。

  • ほろ苦く甘酸っぱく癖になる「はっさく大福」天龍村(たぶん北限)の八朔を使ってます。

  • 「りんごきんつば」は飯田のシンボルりんご並木のゆるキャラ「ぽぉ」公認です。

  • ふじ使用!「丸ごとりんごのパイ包み」は贅沢なアップルパイです。

  • まるで野菜の宝石箱「野菜の砂糖漬け」

News

◎オーダー随時受付中

大切な人に、ビックサプライズのお手伝い。
お祝いやプレゼント用としてオリジナルの「誕生餅」や、
大きな「どら焼き」「お饅頭」好評です。

Information

Schedule

  • 定休日:不定日

    Open:09:30
    Close:18:30

    商品が売り切れ次第、終了です。

お気軽にお問い合わせください。

powered by crayon(クレヨン)